2018年が終わり、2019が始まってもう3日が経ちます。
今更ではありますが、毎年恒例である昨年の振り返りをします。

2019年の抱負は次の記事あたりで…

Table of Contents

Write blog every weekの達成

当ブログにとって一番大きかったのがコレです。
目標を立てたのは2018年4月… 厳密には9ヶ月ですが今年いっぱいはやり遂げました。

2017年に書いた記事は13でしたが、2018年は44でした。
数では+313倍以上 の記事を書けました。

なぜ続けることができたか

一番大きいのは『会社でやると宣言したから』だと思います。
上長に言ってしまった手前、多少辛くてもやりきってやるぞ…という気持ちを持ち続けることができました。

次が2017年12月にブログをHugoへ移行したことです。
Wordpressでは途中で挫折していたと思います。

…とはいえ目標とする4月まではまだ3ヶ月残っています。
引き続き気を引き締めて継続していきます。

購入ガジェット

今年はガジェットレビューをあまり書かなかったと思いますが、いくつか購入しています。

31.5型曲面モニタ AGON AG322FCX/11

没頭感が半端ないFull HDの大型モニタです。
後で紹介する『閃の軌跡4』を最高の環境でプレイするためだけに購入しました。

当時は結構迷って記事まで書きましたが、特に後悔はしていません。
他の用途で使わないので邪魔だと言われれば否定はできませんが…。

YAMAHAフロントサラウンドシステム YAS-108B

左右にステレオを設置できないような環境でもGOODな音が出せるスピーカーです。
勿論『閃の軌跡4』のためだけに購入しました。

平たいのに3Dサラウンド機能をONにするとステレオコンポに匹敵する立体感が出ます。凄い!

パソコン環境にはONKYOのステレオコンポを使用していますので普段は使いません。
ゲームするとき以外は飾りになってます😇

VR端末 Oculus Go

VRが流行っていたのと手ごろな価格だったのでノリで買いました。

以前体験した高層ビルを歩くやつのように、実際に移動することはできません。
しかし、視点が連動するだけでも没入感は半端ないです。2~3万ならアリでしょう。

ポータブル・ホワイトボード バタフライボード2 A4タイプ

仕事面では一番お世話になった商品だと思います。
アナログなのでガジェットと呼べるかは分かりませんが、間違い無く今年最もオススメする商品です。

半年間使ってみての使い勝手です。

  • マグネットは必要十分な強度で心地よい
  • ボードの切り離しは色々な意味で便利 (逆に結合することはない)
  • アルコールペーパーを使えば一瞬で綺麗に消える (イレーザーはあまり使わない)

バタフライボードの有無でミーティングやモブプログラミングの進行スピードが2倍以上違います。本当です。

クラウドファンディングでA3版も登場したので支援させていただきました😄

ROCKET BOOKにもチャレンジ

ちょうど本日、ROCKET BOOKという製品を購入しました。
バタフライボード Pro A3と競合する製品に見えますが、個人的には違うと思っています。

後ほどレビューする予定です。

WiMAX2ルーター W05

最近何かと話題のHuawei製です。
たまにPCが接続できなくなりますが、製品の問題かどうかは定かではありません。

個人的にはNEC製品の方が安定していた気がします。次の買い換え時はNECかな..

使用しなくなったガジェット

プレゼンリモコン Spotlight

一昨年の4月に購入したものですが、今年に入ってから使うのをやめました。

そのたった1つの理由は片手が塞がるからです。

プレゼンテーションは様々な表現のために手や腕を使います。
特にマイクを持っている場合は両の手が塞がります。これでは身体で表現できません。

製品自体は非常に優れたものであり、以前にレビュー記事も書きました。

単に私にとって用途があわなかっただけです。

代わりに使っているもの

以前に購入した黒曜石のフィンガープレゼンターを使っています。
両の手と指を自由に動かせますし、指輪での操作はテンションも上げてくれます。

開発環境の改善

2018年も2017年に引き続き、沢山の開発環境改善をしました。

Vimmerになった

『Vimmerになる』

2018年唯一の抱負として私が掲げたことです。

そして1年後の今…私は確かにVimmerになりました。
百聞は一見にしかず…今年執筆した以下の記事を見れば納得いただけるでしょう。

また以下のツールでVimプラグインを使っています。

  • VSCode
  • IntelliJ IDEA
  • Google Chrome

今ではVim(のキーバインディング)無しでは本気で生きていけません…。なんて危険なんだ😱

※ 私をVimmerにしてくださった A.K氏 にはこの場を借りて御礼申し上げます🙇

Windowsのターミナル環境強化

5月からWindows中心のプロジェクトに移動したためWindows環境の強化が必要でした。

まずはgit bashから強化しました。

しかし所詮はベースが違うためトラブルは絶えません。
そこでCmderの導入やカスタマイズを行い、ようやくMacやUbuntuの人達と同じ土俵に上がることができました。

カスタマイズする人、しない人、どちらにもCmderは非常にオススメです。
是非、上記で紹介したCmderの2記事をきっかけに利用してみてください。

VSCodeの環境強化

Windowsで作業することが多くなり、必然的にVimを使う機会は減ります。
WindowsでもVimを使うことはできます…がお世辞にも使いやすいとは思えません。

そこで、WindowsでもUbuntuと同じような使い勝手を持つVSCodeの環境を強化しました。

まずはVimmerに優しくするところから…

できないことがあるなら自分でやればいいじゃない…ということで…

今となってはすっかりメインエディタです。
この記事も当然VSCodeで書いています😄

開発環境は何を使っているの?
開発には以下の理由からIntellij IDEAを使っています。

  • Indexingが済めば動作が軽い
  • 開発面においては賢い
  • IntelliJ IDEAにサブスクリプションを払っている

Ubuntu環境の強化

Windowがメインになったとはいえ、Ubuntu Bionic対応もしています。

また、普段利用しているCLIコマンドも刷新しました。
この辺のツールはWindowsでも動くので活かせています。

学習

アウトライナー

会社の同僚にアウトライナーというものを教えてもらってから、特にMTGでよく使っています。
混沌とした状況から情報を引き出し整理することにおいて、アウトライナーの右に出る技術は無いでしょう。

使っているツールはDynalistです。
フォーカスや段組をサクサク入れ替えられるので本当に助かっています。

キーバインドを変えるには...
有料版に登録すれば変更できます。
…が有料にしなくてもAutoHotKeyの力でキーバインドを変えられたり.. 😘

アジャイル

今年はプロジェクト異動もあり、アジャイルが浸透していないチームにアジャイルを普及させる機会がありました。
幸い皆さんの理解があり、飲み込みも早かったためチーム力向上に貢献できたと思っています。

主導で実施したアクティビティは以下です。
実施したプロジェクトは2つ、参加のみの場合はカウントしていません。

なお、一番学んだ事は『場作りの大切さ』です。

価値観共有

  • 私のトリセツ (2回)
  • 期待の嵐 (1回)
  • ムービングモチベーターズ (1回)

振り返り

  • POSITIVE/NEGATIVE (週2回×30分×2PJ)
  • KPTA (週1回)
  • YWT (週1回)
  • むきなおり (月1回)
  • GOOD/BAD (1回)
  • タイムライン (1回)
  • 5Whys (1回)
  • 学習マトリクス (1回)

状態共有

  • ファイブフィンガー (毎日)
  • 星取り表 (1回)
  • 不安の泉 (1回)
  • リーンカフェ (1回)
  • メンバ間1on1 (平均月2回)
  • インセプションデッキ (リタイア..)

Nim

4月にはNimを学びました。

知名度の関係から、業務での利用は難しいのでその後は触れていないです…

Vue

ReactとAngularは既に習得済みでしたので、3大フレームワークの最後Vueを習得しました。

記事にはできませんが、3週間前から以下の技術を使ってIDEのようなものを作っています。

  • Vue + Nuxt
  • Element UI
  • TypeScript
  • Electron

GitHubで公開できればforkwellのレベルが一気に上がりそうなのでちょっと残念だったり…🤡

Go

過去2回挫折したGo言語をようやく習得しました。
言語の特性上Nimとは違い、仕事にも取り入れることができました。満足です😄

実用的なツールも作成したのでこの後消化します。

Rust

勉強という意味でも前から気になっていたRustにも手を出してみました。

あるツールを作成していたのですが、途中でGoにリプレイスしました。
理由はそのツールにRustを使うメリットが無かったからです。

結局、Rustの成果物はGitHubに残っていません。
しかし、Rustでツール開発した経験と知識は残っているので収穫はあったと思います。

エンジニアリング

昨年は2017年のようにWrite Code Everydayしていません。
ただ、開発する習慣は残っているため色々名ツールを開発できたと思います。

Jumeaux

Web APIをリグレッションテストするためのCLIツールです。
Pythonで開発しています。

2017年に引き続き1年間開発を続けました。
2019年3月中にVersion 1.0をリリースする予定です。

勤め先での利用数も2017年の2倍弱となり、以前よりリリースしにくくなりました。
それでも1年間で37回リリースしています。バージョンは 0.35.0 => 0.60.0 に上がりました。

Miroir

リグレッションテストの結果を可視化するWebツールです。
TypeScript+Angular+Material UI+AWSで開発しています。

こちらはJumeauxとセットで利用されているため状況は一緒です。
1年間で34回リリースしています。バージョンは 0.4.0 => 0.26.2 に上がりました。

Miroir CLI

MiroirをCLIで操作するためのツールです。
元々Rustでしたが今はGo言語で開発しています。

Owlora

Todoistのデータを使い、中期のタスク管理を可能にしたWebツールです。
TypeScript+React+Redux(Saga)+Semantic UI+Firebaseで開発しています。

2017年に引き続き開発を続けましたが、夏頃からバージョンアップしていません。
リリースは11回と少なめ、バージョンは 0.40.0 => 0.50.0 に上がりました。

次からは今年開発を始めたプロジェクトの紹介になります。

GitHub Viewer

GitHubのリポジトリをオシャレに検索するためのWebツールです。
TypeScript+Vue+Nuxt+Element UIで開発しています。

当初は勉強や動作確認実験の為に作ったつもりでしたが、意外と普通に使ってたりします😃

Gowl

GitやGitHub、Bitbucketをイイ感じにCLIで扱うためのツールです。
Go言語で開発しています。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

私の中でfzfとGowlの連携は必要不可欠なものになっています。

Slackego

Slackでエゴサーチするためのツールです。
Nimで開発していましたが実質凍結しているようなものです。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

なおSlackegoは勤め先でJumeauxやMiroirの評判をエゴサーチするために使っています。

owlcode

個人的な趣味で作ったVSCodeのExtensionです。
TypeScriptで開発しています。

一般向けに作ったモノではありませんが、もし共感できる方がいらっしゃればご自由にどうぞ。
個人的に土台はそこそこ上手く作れたと思っています。editor.tsあたりが参考になればと。

Owl Cmder Tools

Cmderで便利に使えるテーマ、設定、コマンドなどを詰め合わせたリポジトリです。
BatやLuaで開発しています。

Luaを触ったのはこれが初めてでした。まさかCmderがきっかけになるとは…。

その他

閃の軌跡Ⅳ

2017年の振り返りでも話題に取り上げた閃の軌跡Ⅳを買いました! そして勿論クリア済みです!

ネタバレになってしまうので内容は控えます…が15年続いた軌跡シリーズ前半を締めるに相応しい作品だったと思います😄

ちなみにドラクエ11はまだ封を空けていませんw

総括

2018年の振り返りをしました。

当初の予想と比べて3倍くらい執筆時間がかかりました…。
特に言語学習やエンジニアリングは2017年より成果が出せたのではないかと思っています。

今年も1年どうぞ宜しくお願い致します!

2019年の抱負は?
今月中に考えた上で記事にします🙇