ZenPad 3 8.0を1日使ってみた

ASUSのZenPad 3 8.0を購入して1日使ってみましたのでレビューします。

はじめに

購入のきっかけはテザリングを卒業したかったからです。

元々8インチタブレットを持っていました。
ただ、それで通信するときはWiMaxルータかスマフォのテザリングが必要でした。

  • WiMaxは地下や屋内で電波が入らなくなる
  • スマフォのテザリングは電池を消耗してしまう

両方使えば何とかならなくてもないですが、一手間も積み重なると面倒になってきます。
また、テザリングはただでさえ持たないスマフォの電池を消耗します。

「SIMで動くタブレットがあればなあ…」

そんな時、ZenPad 3 8.0を見つけました。

※ 2016/10/18現在は品薄であり 都内の量販店はほぼ品切れ

前機種

前機種は同じシリーズのZenPad S 8.0という機種を使っていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ASUS Z580CA-WH32 ホワイト [7.9インチ タブレットPC(eMMC:32GB)]
価格:27800円(税込、送料無料) (2016/10/18時点)

この機種自体には、テザリングやWiMaxが必要なことを除いて大きな不満はありませんでした。
強いて言うなら電池の持ちが良くないことくらいでしょうか。

解像度も2Kでキレイですし、動きもキビキビしておりストレスを感じることはありませんでした。
8インチというサイズもちょうど良く、軽かったこともありKindleなど読書も捗りました。

ASUS ZenPad S 8.0を2日間使ってみた

本記事ではZenPad S 8.0との比較という観点でレビューを進めていきます。

外見

ちょうど良い大きさで、無駄な箇所もなくGOODです。

重さはちょうど良いと思います。
S 8.0より20g重いですが、個人的には本製品の方が軽く感じました。

「ASUSのロゴが目立ちすぎる」という意見もありますが、個人的には気になりません。

ディスプレイ

とてもキレイです。
スペックはS 8.0と全く一緒ですが、以下のフィルムを貼ったせいか一段と上質な映りになりました。

TOPの画像が、本製品のホーム画面をカメラで撮ったものです。
※ 周辺カット以外の加工は一切していません

ベゼルも含め端末が黒一色のため、黒背景のモノトーン壁紙がとても映えます。
壁紙の素敵なイラストは以下のサイトから拝借しました(._.)

パグ山さんのイラスト「 黒バラ少女 」

本当はホームアプリで白文字の筆記体をアプリアイコンにしたいのですが、公式以外を使ったときの副作用が怖いのでやめました。

通信

SIMはIIJmioのライトスタートプランを使っています。
スマフォは音声データ付きSIMで契約し、+1でデータ専用SIM(Type D)を利用しています。

プラン・料金(格安SIMラインアップ) | IIJmio

以前はライトスタートプランでSIMを2つ持つことはできませんでした。
それができるようになった時から、タブレットにSIMを指すシーンは想像していました。

ZenPad 3 8.0はキャリアアグリゲーションに対応しているので、通信は4Gになります。
速度はLTEより少し速いような気がします…が多分気のせいでしょう。

電池の持ち

まだ1日しか使っていませんが.. 電池の持ちは素晴らしいです!!

上記は9:20~0:20の15時間における電池の遷移です。

  • 実質1日で 95% → 72% (-23%)
  • 実働時間は2時間程度 (ネットサーフィン)
  • 待機中はほとんど電池が減っていない

このままいくと3日間くらいは持ちそうですね。
セルスタンバイがほとんどでセルスタンバイ問題が頭を過ぎりますが、バッテリー消費量から見て実害は無いと思います。

総評

1日使ってみた限りでは以下3拍子が揃った優秀な端末であると思います。

  • 通信良し
  • 画面良し
  • バッテリー良し

バッテリーの持ちに関しては、ほとんどのアプリのプロセスを停止させているからかもしれません。
本製品は通知を受けるのではなく、自ら見に行く想定で使用しているためpush通知を受け取る必要が無いからです。

ただ、公称もZenPad S 8.0に比べて2時間ほど長い(10時間)のため持ちは良くなっています。
またしばらく使ってみて、S 8.0のようにすぐ電池切れにならないことを祈ります。

コメントを残す