ZenFone4を購入した

ZenFone4(ZE554KL)を購入しましたので、軽くレビューします。

前提

全機種はNexus6です。

通信業者はIIJmioを使用しています。

格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio高品質な格安SIM/格安スマホと取り扱う個人向けインターネットサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)」。第三者機関に選ばれてお客様満足度・通信速度No.1を受賞!スマホ代コミ(音声SIM)で月額1,880円からお申込みいただけます。

経緯

3年間使用していたスマホ Nexus6 が充電できなくなってしまったので、替え時だと思い購入しました。

それまでスマホは1年間隔で買い換えをしてきたため、Nexus6は珍しくロングセラーでした。

なぜZenFone4か

理由はいくつかあります。

新しい機種が良かった

いつものことですが、どうせ買うなら新しい機種が良かったので。

ASUSは信頼できると思った

以前にASUSのタブレットを購入しましたが、デキが良かったのでブランドを信頼しています。

ASUS ZenPad S 8.0を2日間使ってみた

高い端末は嫌だった

最近の高価な機種は10万近くします。スマホにそこまで払いたくなかったというのがあります。
ZenFone4は6万と安くはないですが、価格帯は1周り違うのでOKでした。

求めること/求めないこと

あまり悩む時間がありませんでしたが、以下を基準に選定しました。

求めること

  • 動作のサクサク感
  • 電池の持ち
  • 見た目のカッコ良さ
  • 無駄なアプリが極力入っていないこと

求めないこと

  • カメラ
  • 高解像度
  • ゲームなどができるかどうか

開封の儀

箱は適度な高級感があります。

中を取り出すとこんな感じです。

裏面もフラットなガラス張りで美しい。

Nexus6と並べてみると、横幅がスリムになっていることが分かります。

画面

画面はNexus6の方がキレイだと思いました。

Nexus6は解像度が2560*1440だったのに対し、1920*1080と劣るからだと思います。
液晶もZenFone4のIPSより、Nexus6の有機ELの方がクッキリ見えるのも大きいですね。

ただ、実用に困るレベルではないと思います。FullHDですしね。

動作

動作は本当にサクサクです。Nexus6もサクサクだと思いましたがレベルが一回り違うと思いました。
伊達にオクトコアでメモリ6GBも積んでいませんね。

電池の持ち

1日使ってみたところ、何もしていない時も電池が減り続けていました。
1日は保ちますがちょっと先行き不安な感じですね..。

後ほど『残念なこと』で補足しますが、Dozeモードを無効にした影響かもしれません。
電池の最適化に関する設定を何パターンか試してみようと思います。

良かったこと

見た目が思ったよりカッコイイ

Nexus6の方がカッコイイと思っていましたが、実物を比較するとZenFone4の方がカッコイイと思いました。
ちょっとiPhoneに似ている気がしなくもないですが 笑

サクサクでコンパクトになった

特にランニングでRun Keeperを使用するときに強く感じます。

  • ポケットからスマホが落ちそうな感じがしなくなった (軽くスリムに)
  • Run Keeperの起動/共有速度が上がった (Nexus6は凄い重かった..)

指紋認証が超快適

指紋認証は複数のパターンが登録でき、スリープ状態から1秒弱で復帰します。
私は左右の親指と人差し指を登録しました。

同梱のカバーが良い

同梱されているスマホの同梱カバーが秀逸でした。
カバーを装着しない方が見た目はクールですが、以下のメリットが勝りました。

  • スマホの扱いに気を遣わなくても良くなる (裏面のガラスをケアする必要がない)
  • 片手で操作するとき手の収まりが良くなる (私の場合だけかも..)
  • 片手で操作するとき滑りにくい

端子がUSB Type-Cで良い

端子がUSB Type-Cになったので、充電の抜き差しに対するストレスが軽減しました。
ZenPadも同じ端子なので、充電器を統一できるというメリットもありました。

メーカーアプリがあまり入っていない

日本の某メーカや某通信業者と異なり、無駄なアプリがほとんど入っていません。
数えていませんが両手で数えられる程度です。

Zen UIが使いやすい

ZenPadでも思いましたが、Zen UIは使いやすいです。

  • タスク一覧画面から全タスク終了ができる (メモリを一括開放)
  • iPhoneの様に未読数をバッチ表示できる

残念なこと

デフォルト設定ではアプリ通知が動かない場合がある

ZenFone4というよりAndroid7.0の問題かもしれませんが..
電池の最適化 でいくつかのアプリ/サービスを最適化OFFにしないと通知されない場合があるそうです。

私は以下サイトで記載されたアプリ/サービスをOFFにしたところ、通知されるようになりました。

Android 7.0アプデ後のバッテリー異常消費、原因は「電池の最適化」の逆効果かも。除外するべきアプリ、プロセスの一覧 | スマホ評価・不具合ニューススマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

価格.comでもかなりガチなやりとりがされており、それでようやく…というレベルです。
さすがに初心者(中級者も?)に厳しすぎるのではないでしょうか。。。

『LINEの通知がこない』 ASUS ZenFone 3 SIMフリー のクチコミ掲示板横からスミマセン。 私の場合は ララコールで スリープ状態が 長く続くと通知が来ません。 なので 朝とかは電話のベルが鳴らず 電話に出ることができません。 短時間のスリープでは 問題は起こりませんが。。。 ララコールからは 最近 下記がアナウンスされました http://support.lalacall.jp/news/469/ 上記アナウンス 機種名にZenFone3は 書いてありませんが、私の場合症状がドンピシャなので、 アプリのアッデートを待っています。 もし kinnki1111さんも スリープが長時間の場合のみ ラインの通知が来ないようでしたら、Lineのアプリが何かしら 対策を 行うまで 問題解決に時間が掛かる 可能性があるかもです。私はLineをやらないので 答えには なっておりませんが、こういう例もあると言うことで。。。

いくら電池が保っても通知されなければスマホの意味ありませんからね。

電池の最適化で最適化OFFにすると電池があまり保たないかも

測定はしていませんが、今までの使用感で電池の減りが速くなった気がします。
公称が最適化ALL ONで測定されていたら非常に残念ですね。通知されないスマホで測定されても意味ないですよ。

総括

6万超えともはや格安スマホではありませんが、電池問題以外は非常に満足しています。
個人的にはiPhoneを買うのであればZenFone4を強くオススメします。

コメントを残す