Kensingtonの高級トラックボールSlimBladeを購入してみた

トラックボールを購入しました。

KensingtonのSlimBladeというトラックボールです。
お値段はなんと13000円もします・・・。

購入の経緯と少し使った使用感について説明します。

購入の経緯

一言で言うと、刺激が欲しかったから です。

Happy Hacking Keyboardを買った経緯

少しキーボードの話をします。

3年前くらいの私は普通のパンダグラフ型キーボードを使っていました。
高いキーボードの存在は知っていましたが、以下の様に思っていました。

  • これが一番使いやすい
  • キーボードに20000円もかける気がしれない
  • キーが少なければ同時押しが増えるので使いにくいに決まってる

しかし、今となってはHappy Haking Keyboardを使っています。
3万円もする割にキーの少ないマニアックなキーボードです。

今となってはコレ無しで生きることができません。

試さないで後悔するリスク

トラックボールの話も同様です。

トラックボールと必要性

以前に書いたこの記事の結論は以下3点です。

  • トラックボールは買うべきでない
  • 値段が高い
  • マウスに比べて快適になるイメージが湧かない

キーボードの時と似ていますね。
ここで試さないと後悔するのでは・・という考えが強くなってきました。

購入の決め手

クチコミの内容から、買っても良いと判断ことが決め手です。

自分の背中を押すために無理矢理動機付けた気もしていますが。

ブログ

私の背中を押してくれたのは以下のブログでした。

Kensington SlimBlade Trackball (けんじんとん すりむぶれーど とらっくぼーる) – 関心空間

トラックボールを使う前はマウスで以下の様にしていたと書かれています。

  • カーソル速度を最速にして
  • 腕を全く動かさない使い方をしている

上記の思想は私と一致していました。
私のポインタスピードも普通の人では制御できない速さです。

思想が似ている方の記事なので非常に参考になりました。

極めつけはこの言葉。

導入から2ヶ月経って、今ではExcel作業時以外はこのトラックボールを常用している。

「Excel以外は」というリアルさが一層背中を押してくれました。

Amazonレビュー

Amazonのレビューを調べてみました。

Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: ケンジントン 【正規品・5年保証付き! 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP

ソフトウェアやハードの耐久性については微妙な評価も見受けられます。
ただ、それ以外は皆満足されているようでした。

レビューの内容を見ても問題ないだろうと思い購入に踏み切りました。

初期設定

デフォルトの状態では使い勝手が今一つです。

公式カスタマイズソフトTrackballWorksで設定変更しました。

ボタンの設定

クリック右クリックはデフォルト設定のままです。
右上のボタンはドラッグに割り当てています。

同時押しには操作を割り当てていません。
クリックの反応が遅延するという噂を聞いたためです。

ポインターの設定

ポインタの速度は遅めですが、加速度は高めに設定しています。
勢いを付けて回せばデュアルモニタの端から端まで移動できるようにするためです。

Shiftでポインタ速度が低速になるようにしています。
緻密な操作をする際、必要となるためです。

スクロールの設定

スクロール速度も低速にしています。

慣性スクロールはスクロールすると「スススッ」と慣性でスクロールする機能です。
トラックボールでは制御が難しい為OFFにしました。

使用感

2時間ほど使ってみた感想です。

ボールの動き

ボールの動きは期待通りでした。

ピアノのように操作の強弱がボールに伝わる感じです。
質感もあるため、低速オプションもほとんど使いませんでした。

ボタンとスクロール

左クリックと右クリック、スクロールについては慣れるまで時間がかかります。
慣れてくるとマウスの時よりも流れるような操作ができます。

ボールの水平回転スクロールは気持ちいいですね。
やみつきと評価される理由が分かった気がしました。

スクロール時に鳴る「カリカリカリ…」という音も、言われなければスピーカーの音とは思えないくらい自然で上品な音です。

慣れるまではスクロールと一緒にカーソルも移動してしまいますが、私の場合は1時間で慣れました。

私の場合、スクロール操作には薬指を使っています。

作業スピード

予想通り、現時点ではマウスの方が速いです。
今後を考えても、マウスより作業スピードが上がるイメージが涌きません。

なので、作業スピードのみにこだわる方にはあまりオススメできません。
特にエクセルやパワーポイントの操作は難しいです。

手に吸い付くような操作性とスピードのどちらを重視するかですね。

総括

Kensingtonのトラックボール SlimBladeの検討/使用レビューをしました。

仕事ではまだ未使用でありプライベートでも数時間しか使っていませんが、今のところは予想以上に満足しています。

しばらく使ってみてまたレビューしたいと思います。

コメントを残す