Git未経験者がBitbucketを使ってみた

こんばんは。
本日はBitbucketを導入した話をします。

イントロダクション

最近、Gitが凄い勢いで普及しています。
私も時代に遅れないよう、SVNからGitに乗り換えようと思っています。

単にGitを入れるだけだとつまらないので
プロジェクト共有システムを使った開発というのにチャレンジしてみました。

今回は Bitbucket というサービスを利用してみました。

Bitbucket

Bitbucketとは

Bitbucketは 「プロジェクトのための、ウェブベースのホスティングサービス」 です。
GitやMercurialに対応しています。

同様のシステムはGitHubが有名ですが、以下の理由でBitbucketにしました。

  • 5ユーザーまでならプライベートリポジトリを無料で利用できる

一般公開したくないプロジェクトも管理したかったからです。
GitHubだとプライベートリポジトリには月額料金(有料)がかかるので。

Bitbucketのインストール

Bitbucketをインストールする手順を記載します。

サインアップ

  1. 無料ソースコードホスティング – Bitbucket | Atlassian に飛ぶ
  2. 今すぐ無料サインアップをクリック
  3. Account typeIndividualにして個人登録を行う
  4. Account typeTeamにし、下の欄に登録した個人をAddしてサインアップする

リポジトリの作成

  1. Create your first repositoryをクリック
  2. 以下を記述してCreate repositoryをクリック
項目
Name リポジトリ名
Description リポジトリの説明
Access level 公開範囲
Repository type Git
Project management 適当な値
Language 使用言語

Git

Gitのインストール

Gitをインストールしておかないと、Bitbucktからリポジトリをcloneできません。
以下の手順でGitをインストールします。

  1. Git for Windows に飛ぶ
  2. Git for WindowsOn Google Codeをクリック
  3. SearchにFeatured downloadsと入力してSearchボタンをクリック
  4. 一番新しいexeファイルをダウンロードする
  5. 他のアプリケーションを終了して4のexeを実行する
  6. 全てデフォルト設定のままセットアップを完了する

今回はGitのインストールが終わってから、やることが分からなくなってしまいました。
BitbucketはGitの簡略化ツールだと思っていましたが勘違いのようです。

総括

Bitbucketの導入についてまとめました。
ただ、Gitの使い方が分からず利用するには至りませんでした。

Gitについてもう少し勉強してから、続きを書きたいと思います。

コメントを残す