ASUS ZenPad S 8.0を2日間使ってみた

8インチタブレットが届きましたので軽くレビューします。

ASUS ZenPad S 8.0です。

私は43000円弱で購入したので↑の方が良かったですね。。

はじめに

レビューをする前に経緯について説明します。

購入の経緯

ヨドバシカメラでXperia Z3 Tablet Compactに出会ったのがきっかけでした。

タブレットは過去3台購入して、いずれも使わなくなっていたため興味がありませんでしたが、持った瞬間の軽さと8インチという画面のちょうど良さに驚きを隠せませんでした。

その後、色々調べた上でASUS ZenPad S 8.0を購入することにしました。

電子書籍の本格導入検討

8インチタブレットに惹かれた理由はもう1つあります。
電子書籍の本格導入を考えていたからです。

初めはKindle Paperwhiteを検討していました。

しかし、以下の理由から購入を断念しました。

  • 6インチが小さすぎる
    • Nexus 6を持っているのでそれで十分
  • 反応が遅い
    • スマホに比べるとフリックなど

コミックは問題ありませんが、雑誌や専門書に6インチは小さすぎます。
そんな時に8インチタブレットと巡り会ったのです。

ZenPadを選んだ理由

ディスプレイの比率が電子書籍に最適と言われる4:3だったからです。

Xperiaの方が電池の持ちも良く、薄くて軽く、更に防水対応しています。
それでも、電子書籍の導入が主な理由だったためディスプレイ比率を優先しました。

ASUS ZenPad S 8.0は2015/09に発売された新しいモデルであり、スペックもXperia Z3 Tablet Compactに引けを取りません。
しかもスペックの割に安いと思います。

代表的なスペックの比較表を作成してみました。

項目 ZenPad S 8.0 Xperia Z3 Tablet Compact
OS Android 5.0 Android 5.1
プロセッサ Atom Z3580 Snapdragon 801 Quad-core
メモリ 4GB 3GB
液晶サイズ 7.9型 (2048 × 1536) 8.0型 (1920 × 1200)
液晶 TFTカラータッチスクリーンIPS液晶 TFT LED液晶
ストレージ 32GB 32GB
USB Type-C × 1 microUSB × 1
稼働時間 8.0時間 12時間
充電時間 3.5時間 4.3時間
バッテリー容量 4000mAh 4500mA
横幅 134.5mm 123.6mm
高さ 203.2mm 213.4mm
厚さ 6.6mm 6.4mm
質量 298g 270g

共に32GBモデルの場合です。
バッテリーの持ちはXperiaに軍配が上がりますね。

以下を参考にしています。

タブレット使用経歴

今まで以下のようなタブレットを使ってきました。

  • MOTOROLA XOOM (10.1インチ)
  • Galaxy Note 10.1 (10.1インチ)
  • Nexus 7 (7インチ)

タブレットが出始めた頃から使っていると思います。

開封の儀式

前置きが長くなりましたが開封の儀式です。

蓋を開けてみます。

反射の強いグレア液晶ですね。
一緒に購入した反射軽減フィルムを貼ってみました。

まだ反射していますが、実用に耐えられるレベルになりました。

他にはType-CのUSBケーブルとAC電源が入っているだけです。
電源部分とケーブルは分離できるため、外部バッテリーからも充電できます。

外観

外観は高評価です。

画像からも分かる通りクールだと思います。
ベゼルが狭いのでスマートに見えますね。

ipad miniに似ている気がするのはアスペクト比が同じだからでしょう。

重さ

300gを切っているので軽い方だと思います。

Xperia Z3 Tablet Compactのように持ったときの驚きはありませんでした。
30gの差と縦長のサイズが思った以上に差を感じさせてくれます。

大きさ

ベストサイズです。
これ以上大きいとテーブルなど置く場所がなければ操作する気にはなれません。

操作性

動作はサクサクでヌルヌル動きます。

ASUSオリジナルのホーム画面ですが非常に使いやすいと思います。
iPhoneのように通知バッジも付きます。

タッチジェスチャー

タッチジェスチャーを登録すると、画面OFFのディスプレイにジェスチャーすることで画面ONやアプリの起動ができるようになります。

画面ONの状態でもホーム画面を開いているときにダブルタップすれば、画面OFFにすることも可能です。
電源ボタンを押すよりも楽なので重宝します。

電池の持ち

まだ2日しか経っていませんが、電池の持ちを調べてみました。

上記は以下の条件下で丸1日利用したものです。

  • ほとんどの時間は画面OFF
  • Wi-Fiは基本圏外
  • 30分ほどスマートフォンのテザリングに接続

何もしなければ電池消費量は0.5% / 時くらいだと思います。

機能を使用した場合の電池消費量は後日測定してみます。

不満点

初期設定でWi-Fiが繋がらないという問題が発生しました。
クレイドルはWiMAX2対応のWX01です。

調べたところ解決方法が紹介されていました。

データベースのプロがASUSを愛する理由: ASUS ZenPad S 8.0でWiMAXが接続できない場合の対策方法

上記ブログを参考に以下の手順を実施しました。

  1. WX01の設定で機能設定メンテナンス > Wi-Fi暗号化強化しないにする
  2. ZenPadを起動して無線接続できることを確認
  3. 初期化設定後にZenPadをシステムアップデートする
  4. WX01の設定で機能設定メンテナンス > Wi-Fi暗号化強化するにする
  5. WX01の電源をOFFにして再度ONにする
  6. ZenPadから無線接続できることを確認

5をしないと接続ができませんでした。

総括

ASUS ZenPad S 8.0の購入2日後レビューをしました。

今のところ大きな不満は無く、ハードはなかなか良いと思います。

ASUS ZenPad S 8.0を2日間使ってみた” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す